定着率が高いコンデンスリッチ豊胸手術

2013.11.1|豊胸手術 方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

コンデンスリッチ豊胸手術の特長と優秀性

最近の豊胸手術で一番多く行われている方法が脂肪注入法です。

ご自身の太腿やウェストやヒップなどの余分な脂肪を吸引し、それをバストアップするために注入する術式ですから、豊胸と部分痩せの両方を同時にできるというメリットがあります。

「脂肪を吸引して注入する」。

手術の方法を文字にするとたったこれだけなのですが、実際にはただ単に吸引した脂肪を胸に注入しても、ほとんどが定着せず胸を大きくすることはできません。何故なら吸引された脂肪には、もう死んでしまっている細胞などがたくさん混じっているからです。

吸引した脂肪細胞をただ単に注入する方法の弊害は、定着率の低さだけではありません。
注入した脂肪が固まり、しこりになったり、石灰化したり、壊死したりするリスクがあります。

それらの問題を回避するために考えられたのが、脂肪幹細胞注入法というものです。

しかしこの方法でも、吸引した脂肪は半分以上破棄しなくてはならず、手術時間も長くなるため、体の負担が大きいという難点がありました。

サイズアップ効率の悪さと健康上のリスクを解消し、今一番採用されている脂肪注入豊胸手術が、ここでご紹介している「コンデンスリッチ豊胸手術」です。

コンデンスリッチ豊胸手術は、吸引した脂肪を外気に触れさせることなく遠心分離器にかけ、死んでいたり老化して弱っている役に立たない脂肪細胞と、定着しやすい元気な脂肪細胞を振り分けて、定着しやすい細胞だけを、バストの形を考えながら注入する術式となります。

コンデンスリッチ豊胸手術だと、脂肪幹細胞注入を上回る脂肪定着量で理想のバストサイズを実現させやすく、しこりや石灰化や脂肪壊死といったリスクも激減します。

手術時間も大幅に短縮できるため、豊胸手術後のダウンタイム(日常生活へ復帰するまでの時間)も大幅に短くすることができます。

1カップ、2カップといったある程度大きなサイズアップを目指すなら、リスクが少なく、自然なデザインを作りだせるコンデンスリッチ豊胸手術がおすすめです。

豊胸

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL