脂肪注入豊胸手術について

2013.11.1|豊胸手術 方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

脂肪豊胸手術について

脂肪注入豊胸術とは自分自身の体の中の余分な脂肪を吸引し、それをバストに注入する豊胸手術法のことです。

シリコンバッグなど人工インプラントを埋め込む豊胸手術では、メスで切開しての手術となるため、手術跡が残るリスクや、術後に生活復帰するまでの時間であるダウンタイムが長いこと、埋め込んだバッグが破裂するなどのデメリットがあります。

それらを解消できる方法として考えられた術式が脂肪注入法です。

バッグ挿入に比べて脂肪注入豊胸手術なら、メスを使わずバストアップできるため傷跡が残る心配がなく、自分の脂肪を使うため拒絶反応などのリスクがなく、もちろん破裂する心配はないのである意味画期的な方法といえます。

同時に部分痩せができることもメリットのひとつです。

ただ従来の脂肪注入法だと、注入した脂肪の定着率が低かったり、一度にたくさんの量を注入すると、しこりができたり石灰化が起こったり、注入した脂肪が壊死したりするリスクがありました。

そういったリスクを回避するために、不純物や死んでいる脂肪細胞を取り除いたものを注入する脂肪幹細胞注入豊胸手術や、さらに定着率が高いCRF(コンデンスリッチ)豊胸手術や、ACR血小板注入療法というのが考案されてきました。

今現在では一番採用されているのが脂肪注入豊胸手術になっています。

また医師のスキルやセンスによって、サイズやデザインに差がでてしまうのも脂肪注入豊胸手術の特徴です。

脂肪注入豊胸手術を受けるなら、術式だけでなく、美容クリニックの設備や使用している医療機器、そして執刀医についてもしっかりと調べたうえで決断するのが大切です。

わからないことはカウンセリングの時に納得いくまで何度でも質問しましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL