脂肪注入豊胸手術の血小板注入について

2014.2.9|豊胸手術 方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

豊胸手術 血小板注入療法

豊胸手術のオプションで注入した脂肪の定着率を高める「血小板注入」というのはご存知ですか?血小板注入という方法は、脂肪注入や脂肪幹細胞注入による豊胸手術を行うクリニックで施術メニューのオプションとして設けているところがあります。

自分の余分な皮下脂肪を吸引し、それを注入する豊胸手術は拒絶反応が無いなど安全性が高く、インプラント豊胸のように姿勢を変えた時や触った感触に違和感のない自然なバストに仕上がることから胸を大きくしたいと希望する女子が一番受けたいと考えている豊胸手術の術式として注目されています。

そういったいくつものメリットがある脂肪注入豊胸手術ですが、唯一のデメリットとして結果の不安定が指摘されていました。

具体的には注入した脂肪の定着率が低いことや注入した脂肪が多くの割合で時間経過と共に体に吸収されてしまうったり、どの程度サイズアップができるかということが実際に手術してみないとわからないという問題があるのです。しかしこのデメリットを補い脂肪の定着率を高めることができるとわかってきたため利用されているのが血小板を同時に注入する方法なのです。

そもそも血小板というものはどんなものなのかというと、血小板には壊れた血管や細胞を治したり新生させる働きをしてくれるのです。そのため血小板を一緒に注入することにより注入した脂肪の定着を高められる可能性があるわけなのです。

血小板は自分の体から採取したものを注入するので脂肪注入豊胸手術と同様に拒否反応などがなく安全です。

ただ今のところこの血小板注入をオプションとして積極的に取り入れている豊胸手術を行っているクリニックはあまり多くありません。

血小板注入のオプションを取り入れ、多くの成功症例実績があるクリニックとしては脂肪注入豊胸手術で有名な「池田ゆうこクリニック」ですね。血小板注入の術式や手術を受けた方の感想などが気になる方は池田ゆうこクリニックのホームページをチェックしてみてくださいね。

脂肪注入法バストアップ専門 池田ゆう子クリニック

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL